■診療時間
  日/祝
10:00〜13:00 在宅医療 -
15:00〜18:00 在宅医療 - -
第一土曜日は休診



■診療科目
ペインクリニック 内科・循環器内科 禁煙外来 プラセンタ療法
睡眠時無呼吸症候群 在宅医療

●ペインクリニック(予約制)
患者さんの心と体の痛みに対し、心身医学的にアプローチします。まず患者さんのお話をよく聴かせていただきます。そして疼痛除去と循環改善のためのトリガーポイント療法および神経ブロック(星状神経節ブロック、硬膜外ブロック)などを行い治療します。漢方薬の処方も行います。

【ペインクリニックの主な対象疾患】
頭の先から足の先まで身体の総ての痛み(頭痛、顔面痛、上肢痛、肩痛、胸背部痛、腰痛、下肢痛、帯状疱疹痛・・・等)

◇整形外科的疾患
「頚肩腕症候群」「頚部背椎症」
「頚椎椎間板ヘルニア」「頚椎捻挫」「頚椎後縦靭帯骨化症」
「胸郭出口症候群」「腰椎椎間板ヘルニア」「変形性背椎症」
「腰部脊柱管狭窄症」「骨粗しょう症」「背椎分離症」「坐骨神経痛」「ぎっくり腰」
「胸椎圧迫骨折」「頚椎症性脊髄症」「肩関節周囲炎」「野球肩」「野球肘」
「テニス肘」「変形性肘関節症」「腱鞘炎」「手根管症候群」
「ヘバーデン結節」「変形性股関節症」「変形性膝関節症」「関節リウマチ」
などの慢性の痛みでお困りの方。

◇慢性疾患
「片頭痛」「花粉症」「アレルギー性鼻炎」「気管支喘息」「膠原病」「更年期障害」「多汗症」「睡眠時無呼吸症候群」などの慢性の症状でお困りの方。
星状神経節ブロック療法やトリガーポイント療法などの他に漢方治療なども取り入れて、トータルに患者様の状態に合わせた治療法を選択しております。

お気軽に御相談ください。

●内科・循環器内科
風邪、インフルエンザ、花粉症などの内科一般診療から高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病の診断と治療も行います。特に循環器系では心臓血管外科医の経験を生かし、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、末梢血管、下肢静脈瘤などの専門疾患に至るまで幅広く診療いたします。当院には最新式の超音波装置や脈波測定装置も備えており、動脈硬化の測定なども行っています。また禁煙外来(保険診療)も行います。

●禁煙外来

◇禁煙外来について
現在において、やめられない喫煙の実態はニコチン依存症であり、本人の意思のみで長期間の禁煙ができる喫煙者はごくわずかであることが判ってきています。わが国では平成18年度より禁煙治療の保険適応が認められるようになりました。当初はニコチンパッチなどが主に使われてきましたが、平成20年5月より禁煙補助薬のチャンピックスが保険適応になりました。これまでのパッチ剤に較べて成功率が高いと言われています。これは、ニコチンを摂取しても脳内でのニコチン受容体への結合をブロックして、「タバコを吸っても気持ちよくならない」状態を作り出すものです。またニコチンパッチと違いチャンピックスはニコチンを含まないため、心臓病や脳血管障害のある患者さんでも安心して使用できます。飲み始めに軽い吐き気や頭痛が出ることがありますが、多くの場合は一時的で自然に消失します。

◇禁煙治療プログラムとは
このプログラムでは、3ヶ月(12週間)にわたり計5回の禁煙治療を行います。この治療は健康保険が使えます(1ヶ月約6000円、3ヶ月約18000円)。
まず初回診察で禁煙開始日を決めていただきます。そして禁煙1週間前よりチャンピックスを服用開始。それから2、4、8、12週後に外来に受診していただきます。禁煙後4週間ほどで体調が良くなったのを実感する人が多いようです。場合によりニコチンガム等の併用も奨励しています。
禁煙外来は初回診察のみ予約(予約料は必要ありません)とさせていただきます。

●プラセンタ療法

◇プラセンタ療法とは
プラセンタとは「胎盤」という意味で、10ヶ月という短い期間で受精卵を細胞分裂させて一人の人間に育て上げるための必要な成分(必須アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、酵素など)が豊富に備わっています。またプラセンタにはダメージを受けた細胞や組織を修復したり新たに作り出す機能があります。すなわちプラセンタそのものに自律神経やホルモンバランス、血行促進を促し、自然治癒力を高める作用が備わっているということです。

◇プラセンタ療法の効果について
@全身疲労の回復効果
A皮膚の美容効果
B筋疲労による消炎鎮痛効果
C抗酸化作用による老化防止
D更年期障害の改善
Eアレルギー等の体質改善効果
F肝機能障害改善など

当院では注射にてプラセンタ療法を行っております。
また慢性疼痛でお悩みの方にプラセンタトリガーポイント注射も行っております。
効果継続のためには週1回程度の継続注射をお勧めいたします。

◇プラセンタ療法の料金
プラセンタ療法は自費診療となります。
1回 2000円(2アンプル)(税別)
プラセンタトリガーポイント注射についてはご相談ください。

◇プラセンタサプリについて
当院ではプラセンタサプリも取り扱っております。詳しくはスタッフまでご相談ください。

●睡眠時無呼吸症候群

◇睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気です。日本人には潜在患者数が約300万人もいると言われています。
医学的には10秒以上呼吸が止まった状態を無呼吸とし、無呼吸が一晩に30回以上もしくは一時間あたり5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群と診断されます。この病気の怖いのは成人病と深い関係があるからです。重症者になると睡眠時に一回あたり1分〜2分近くも呼吸が止まっている人も珍しくはありません。またその状態が一時間に30回以上も続いたらどうでしょうか?本来脳や身体の休息のための睡眠のはずが休息どころではなくなってしまいます。その結果強い眠気や倦怠感、集中力低下などの症状とともに血圧上昇や心筋梗塞、脳卒中などのリスクも上昇します。

◇こんな症状は要注意
・いびきをかく
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかき始める
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
・むせる
・何度も目が覚める(トイレに起きる)
・寝汗をかく

(朝起きたときに)
・口が渇いている
・熟睡感がない
・頭痛がある
・すっきり起きられない
・身体が重い

(起きているときに)
・強い眠気がある
・だるさや倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある

◇自宅で検査もできます
上記症状を複数みとめた場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。ご自宅で検査をすることも可能ですのでぜひ一度ご相談ください。


HOMETOPICS院長あいさつ診療案内
「痛み」についてQ&A在宅医療施設・設備交通案内ブログリンク
筋膜性疼痛症候群(MPS)とエコーガイド下Fasciaリリース


麻布ぼだい樹クリニック
東京都港区麻布十番2-20-7稲川ビル5F
TEL:03-5443-0365  FAX:03-5443-0366
Copyright (c) Azabu Bodaijyu Clinic. All Rights Reserved.
個人情報保護について